ドン・キホーテ「ごまにんにく」売ってない!?【家事ヤロウ】「にんにくMAXツナトースト」作ってみた感想

  • 2024年06月04日公開

こんにちは!ヨムーノライターのEmicoです。
高校生のお母さんでもあり、ライター&デザイナーとして家事と両立しながら奮闘しています。

まず最初に、テレビの影響ハンパないです。 ドン・キホーテの『ごまにんにく』がさらにパワーアップして商品化された『ごまにんにくにんにくMAX』。

実は新発売した時から商品自体は知っていてすごく興味があったものの、使ってみたら実際どれだけの香りの強さなのかしら……と、まだ買ったことありませんでした。

そして、「家事ヤロウ」でドンキの人気商品ベスト20にランクインしていて、めちゃくちゃ気になるぅ~!!といてもたってもいられなくなり、実際に『ごまにんにくにんにくMAX』を使ったアレンジレシピ「にんにくMAXツナトースト」も紹介されていたので試してみることにしました。

※価格などの情報は記事公開当時のもので、店舗やエリアによって異なる場合があります。また店舗により在庫の状況も異なりますのでご了承ください。

テレビの影響ハンパない!売切れ続出『ごまにんにくにんにくMAX』

価格:754~862円(税込)
内容量:180g

かなりいい値段ですね……。
「家事ヤロウ(2024年3月12日放送)」を見て早速ドン・キホーテに買いに走りましたが、最初に行った店舗ではすでに完売してしまっていて、次に向かった 店舗には電話で確認をして在庫があることを確認してから買いに行きました(店頭も「テレビで紹介されました」POPがバンバン貼られていました)。

私が行った時にはもうすでに完売する寸前、残り5個だったのでテレビでの影響が絶大なものと感じました。
この売ってない事象を受け、ヨムーノライターさんネットワークでも『ごまにんにくにんにくMAX』売切れ店舗が多数確認できました。

ちなみに、通常の『ごまにんにく』は大量に在庫あったり、商品入れ替えワゴンに入って値引きされていたり……近いうち『ごまにんにくにんにくMAX』に統合される雰囲気も感じました。

家事ヤロウ「にんにくMAXツナトースト」作り方

今回のメイン食材の「ごまにんにく にんにくMAX」は、常連のお客さまの熱い要望を叶えようと炒りごま・フライドガーリック・玉ねぎのバランスを限界まで考えられた商品なんです。

なんとフライドガーリックは通常商品の「ごまにんにく」の7.2倍と驚異の多さです。フタを開けただけでにんにくの香りが立ち上がってきます!
これはかなり食欲をそそられますが、食後の強烈なにんにく臭もありそうな予感です。

【材料1人前】

・ごまにんにくにんにくMAX…適量
・ツナ缶…小さじ2
・チーズ…適量
・マヨネーズ…適量

【作り方】

① ツナ缶にマヨネーズを加えて混ぜる
② 食パンに①を広げる
③ ピザ用チーズ、ごまにんにく にんにくMAXをかけトーストで5分焼いたら完成

あっという間に作ることができました!
特に「ごまにんにく にんにくMAX」は思ったよりも多めにかけるのがオススメです。

オーブンの扉を開いた瞬間、香ばしく焼けたごまとにんにくの香りが一気にキッチン中に充満しました。さすがにんにくMAXと思いながら、なんとも食欲をそそります。

実際に食べてみると、ごまのザクザク食感がおもしろく、鼻に抜けるにんにくの香りもいいです。
もちろんツナとチーズはマヨネーズとの相性が抜群なので、そこに香ばしいごまとにんにくの風味が刺激になって次から次と口に運んでしまい、あっという間に食べきってしまいました。

この美味しさはやみつきになりそうです。

「にんにくMAXツナトースト」アレンジ

少しのお肉と野菜をごはんと一緒に炒めてたっぷり「ごまにんにくにんにくMAX」を振りかけてにんにくMAXチャーハンを作ってみました。
ごまの食感がアクセントになって味付けもほぼ「ごまにんにくにんにくMAX」のみでできたので余計な調味料も必要なくカンタンに済ませたい昼食にぴったりです!

まとめ

今回はドンキで人気の「ごまにんにくにんにくMAX」でつくった絶品ごまにんにく ツナトーストの再現レシピをご紹介しました。

ごまの食感と香ばしいにんにくに食欲を刺激され、もっと早く試せばよかったと後悔するほどやみつきになってしまいました。

エリアによってはしばらく欠品が続くかもしれませんが、店頭で見かけたら手に取ってみてください。

この記事を書いた人
くらしをもっと楽しく!かしこく!
ヨムーノ 編集部

「くらしをもっと楽しく!かしこく!」をコンセプトに、マニア発「今使えるトレンド情報」をお届け中!話題のショップからグルメ・家事・マネー・ファッション・エンタメまで、くらし全方位を網羅。

こちらもどうぞ

人気記事ランキング 24時間PV集計
おうちごはん

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ