【2024年6月】「韓国ドラマ」BS・地上波放送予定!無料で視聴できる作品

  • 2024年06月17日公開

こんにちは、ヨムーノ編集部の地上波とBSで放送される韓国ドラマ担当です。

ここでは、見逃す前にテレビで韓国ドラマを録画予約しておきたい!
日本の地上波・BSで放送中・放送予定の韓国ドラマをまとめてみました。放送終了作品は削除するなど随時更新しています。

※予告なく変更になる場合がありますので公式サイトと合わせてご確認ください。

NHK BSプレミアム/BS4K

⇒NHKで放送しているドラマ番組情報の一覧ページはこちらです。

韓国ドラマ『青春ウォルダム 呪われた王宮』

吹き替え版日本初放送

  • 放送日時:プレミアム4K(日)よる9時
  • 放送日時:NHK BS(金)午前0時25分[(木)深夜]

© STUDIO DRAGON CORPORATION

パク・ヒョンシク主演作というだけあって、作品タイトルからラブロマンス、キュンキュン系という先入観があるかもしれませんが、最終回以外は世子の波乱万丈ストーリーというコテコテの韓国ドラマ時代劇です。

Netflix未配信【韓国ドラマ】パク・ヒョンシク主演『青春ウォルダム〜運命を乗り越えて〜』あらすじと視聴率

BSJapanext

⇒BSJapanextで放送しているドラマ番組情報の一覧ページはこちらです。

韓国ドラマ「運命のように君を愛してる」

キャスト:チャン・ヒョク、チャン・ナラ、チェ・ジニョク、ワン・ジウォン

  • 放送日時:2024年6月11日~ 午前11時~ひる12時

チャンイン化学のCEOであるイ・ゴン(チャン・ヒョク)は、短命の家系のため周囲から常に結婚と跡継ぎを急かされていた。彼には美しい恋人セラ(ワン・ジウォン)がいたが、彼女は世界的なプリマになる夢を諦められず、愛する人との結婚に踏み切れずにいる。一方、平凡な会社員のミヨン(チャン・ナラ)は、優しすぎるあまりにいつも損ばかりしている。付いたあだ名は“付箋”、必要だが大切ではない存在という意味だ。そんな全く別々の人生を送るゴンとミヨンだったが、ゴンを陥れようとするある策略によって、一夜を共にしてしまう。のちに妊娠が発覚し、戸惑いながらも結婚を決意する2人だったが…。(©2014 MBC)

韓国ドラマ『ミセン-未生-』

  • 放送日時:2024年6月11日~ 毎週月曜~金曜 夕方5時~よる6時

© CJ E&M Corporation, all rights reserved

社会人経験がまだない方が視聴すると、しょせん「ドラマの設定」と感じる方もいるかもしれません。

これはドラマじゃなく、リアルです!!
それくらい、韓国ドラマ『ミセン -未生-』の完成度は高いです。

いい会社、悪い会社。
いい上司、いい先輩、悪い上司、悪い先輩。

就職先でやっていけるかどうかは、上司・先輩の当たりハズレも大きいです。
イヤならすぐ辞める(転職)のもアリだと思いますが、転職先がいい職場、いい人間関係が築ける保証はありません。

韓国ドラマ『ミセン -未生-』でも触れていますが、「頑張るのではなく“耐える”」のも将来のためになることも。

韓国ドラマ『ミセン -未生-』第1話~7話はビジネス書を凌駕するくらい、学ぶべき要素が多いドラマと感じました。

最終回が最高視聴率!韓国ドラマ『ミセン -未生-』の見どころ

韓国ドラマ『社長をスマホから救い出せ!~恋の力でロック解除~』

  • 第1話先行放送:2024年6月19日(水)午後3時~夕方4時
  • 放送日時:2024年7月5日 毎週月曜〜金曜よる7時 〜 8時

チェ・ジョンヒョプ主演!ビンボー就活生が拾ったスマホには、IT企業の社長が閉じ込められていた!?

韓国ドラマ『ピノキオ』

  • 放送日時:2024年6月24日 毎週月曜~金曜 午後3時~夕方4時

©SBS

イ・ジョンソクとパク・シネ主演。
兄弟愛と母娘愛が並行して描かれていて、泣けます!

全20話と長丁場ですが、初回からグッと引き寄せられる展開で、いつの間にか“やっぱり財閥ネタ”路線に入ってしまう韓国ドラマあるあるの展開です。

平均視聴率は10.6%!最終回はやっぱり財閥ネタ!?韓国ドラマ『ピノキオ』見どころ

韓国ドラマ『女神降臨』

  • 放送日時:2024年7月再放送予定

© STUDIO DRAGON CORPORATION

『女神降臨』は、韓国の大手サイトNaverで連載され大ヒットとなり、現在日本でも人気を博し注目される、同名のウェブ漫画を実写化したラブコメディです。

© STUDIO DRAGON CORPORATION

容姿を理由にいじめられたことをきっかけに、メイクの力で“女神”へと変身するヒロイン、イム・ジュギョン役を演じたムン・ガヨンは、メイク後の“女神”の姿とすっぴんの姿、どちらも可愛らしく、その姿で多くの女性視聴者を魅了し、またそのメイクシーンにも注目が集まり話題となりました。

【韓国ドラマ】チャウヌ主演「女神降臨」平均視聴率3.7%!見どころと各話あらすじまで

韓国ドラマ『マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~』

  • 放送日時:毎週月曜~金曜 よる7時~8時

©STUDIO DRAGON CORPORATION

本作は主人公のジアン(IU)が、会社の上司で近所に暮らすドンフン(イ・ソンギュン)の温かさに触れるうちに、少しずつ変わっていく姿を丁寧に描いた作品です。

過去にある事件を起こしたことがあり、他人と関わらず借金を返すためだけに生きてきたジアンが、ドンフンと関わることでどのような化学反応を起こすのか!

彼女の変わっていく姿と周囲の温かさに、何度観ても心温まる作品になっています。

IU主演おすすめ韓国ドラマ『マイ・ディア・ミスター〜私のおじさん〜』見どころから視聴率まで

韓国ドラマ『むやみに切なく』

キャスト:キム・ウビン、ぺ・スジ<miss A>、イム・ジュファン、イム・ジュウン、イ・ソウォン、ユ・オソン

  • 放送日時:毎週日曜 よる6時~9時 ※一挙放送

基本路線は、余命宣告されたイケメン韓流スターと同級生の切ないラブストーリーなので涙腺崩壊を誘く設定です。

ですが!
ひき逃げ交通事故の身代わり事件とか、4角関係とか、真実を隠しているから余計話がこじれる展開などなど要素盛り込みすぎで、U-NEXTで全30話は引っ張りすぎと言うか長い、長すぎる……という印象を受けました。

ただ、最終回は視聴者を泣かせる引き出しが次から次へと出てきます。

平均視聴率11.8%!【Netflix未配信】おすすめラブストーリー韓国ドラマ『むやみに切なく』

韓国ドラマ「恋のスケッチ〜応答せよ1988〜」

  • 放送日時:毎週月曜〜金曜 午後3時〜夕方4時
  • 放送日時:毎週土曜 午後2時30分~※一挙放送

「雲が描いた月明り」パク・ボゴム×「運勢ロマンス」リュ・ジュンヨルが恋のバトル!? 笑って泣いて、胸キュン必至のハートフル・ラブコメディ!

イケメン「新四天王」最強コンビに悶絶!パクボゴム出演韓国ドラマ「恋のスケッチ 応答せよ1988」

BS日テレ

⇒BS日テレで放送しているドラマ番組情報の一覧ページはこちらです。

韓国ドラマ『ブラボー 私の人生』

Licensed by KBS Media Ltd. ⓒ 2022 KBS. All rights reserved

  • 放送日時:毎週月曜~金曜ごご3時~4時放送

泰安(テアン)で鮮魚店を営む祖母と一緒に暮らしながらデザイナーを夢見るソ・ドンヒのもとに、ある日、兄のジェソクが事故死したという連絡が入る。祖母のチョムスンもそのショックで亡くなってしまい、突然2人を失い途方に暮れるドンヒの前に、置手紙と共にジェソクの子供が。
一人で育てる決意をし、突然シングルマザーとなったドンヒだが…。

韓国ドラマ時代劇『王女ピョンガン 月が浮かぶ川』

  • 放送日時:2024年6月6日(木)スタート!毎週月曜~金曜 13:00~14:00放送

高句麗が人生の全てだった王女ピョンガンとピョンガンへの愛を歴史にした純朴な青年オンダル。運命に屈しない二人の若者の純愛を描いた壮大な物語。

韓国ドラマ時代劇『トンイ』

  • 放送日時:2024年6月12日(水)スタート!毎週月曜~金曜 17:00~18:58放送

トンイ (C)2010 MBC

本作では、朝鮮王朝19代王・粛宗(スクチョン)を人間味たっぷりに演じたイケオジ俳優・チ・ジニに注目です。一国を背負うイケメン王が、ヒロイン・トンイ(ハン・ヒョジュ)といるときは、まるで少年のようにウキウキ、デレデレ。 一国の王が見せる、少年のような笑顔がたまらない!そんなチ・ジニ演じる王の姿に、ニヤニヤが止まりません。

BS朝日

⇒BS朝日で放送しているドラマ番組情報の一覧ページはこちらです。

放送予定が分かり次第、反映いたします。

BS-TBS

⇒BS-TBSで放送しているドラマ番組情報の一覧ページはこちらです。

放送予定が分かり次第、反映いたします。

BSテレ東/テレビ東京

⇒BSテレ東で放送しているドラマ番組情報の一覧ページはこちらです。

韓国ドラマ「太陽を抱く月」

  • (テレビ東京)放送日時:2024年5月22日(水)朝8時15分スタート!

キャスト:ハン・ガイン、キム・スヒョン、チョン・イル、キム・ユジョン、ヨ・ジング ほか

キム・スヒョン主演の韓国ドラマ「星から来たあなた」を鑑賞した流れでたどり着いた作品「太陽を抱く月」。歴史が好きなので時代劇モノ観たいなぁ~という気持ちと、知らない役者さんばかりよりは、キム・スヒョン繋がりということでチョイス。

  • 子役だけでも見ごたえがある演技派キャスト

  • とにかく命が狙われる王妃候補

ヨ・ジングとキム・スヒョンが演じる王が愛した女性を妃にするために孤軍奮闘するのですが、なかなか思い通りにいかない恋愛感情が迫真の演技で思わずもらい泣きっ!

主演のキム・スヒョンは成人してからの王です。1話~5話くらいまでは子役としてヨ・ジングが演じます。

妃争いで一人の女性が呪い殺されます。
その真相を解明しようと王が動きますが何者かに邪魔をされ……。

太陽は王。
月は월(ウォル)。

王が名もない女性に「ウォル」と名付けたところでこの作品タイトルに深みが増します。

韓国ドラマ『太陽を抱く月』ネタバレあり・なしあらすじとキャスト、マニアの感想を紹介! どの配信サービスで見れる?

韓国ドラマ「結婚契約」

  • (テレビ東京)放送日時:毎週土曜・日曜 放送

偽りの結婚から始まった2人・・・。真実の愛にあふれる感動のラブストーリー

BSフジ

⇒BSフジで放送しているドラマ番組情報の一覧ページはこちらです。

韓国ドラマ「ハッシュ ~沈黙注意報~」

キャスト:ファン・ジョンミン、ユナ(少女時代)、ソン・ビョンホ、ユソン、キム・ウォネ、パク・ホサン、イ・スンジュン、キョン・スジン、キム・ジェチョル、チョン・ジュンウォン、ペク・ジュヒ、イ・ジフン、パク・ソンイル、チェ・ガンス、イ・スンウ、イム・ソンジェほか

放送日時:2024年6月26日(水)より【182ch】で放送スタート!毎週(月)~(金) 08:55~10:00

ベテラン記者ハン・ジュンヒョクは、正義と真実を追う記者を夢見て新聞社「毎日韓国」に身を置いて12年。今や情熱は冷め、ネット上の記事をコピー&ペーストでしのぐ、妥協と偽りに満ちた新聞記者となっていた。ある日、消えていった情熱が再びよみがえる事件をきっかけに記者人生のターニングポイントを迎える。

そんな中、インターン記者イ・ジスはハン・ジュンヒョクの下に配属される。妥協せず決めたら行動する若さゆえの情熱と彼女の過去からくる想いが、周囲の人達を変えていく。

やがてハン・ジュンヒョクとイ・ジスの間にある、深いつながりが明らかに。だがそこから2人の話は序章に過ぎなかった…。

韓国ドラマ時代劇「ホジュン~宮廷医官への道~」

  • 放送日時:毎週(月)~(金) 10:00~11:00

「宮廷女官チャングムの誓い」の名匠イ・ビョンフン監督の最高傑作。
妾(めかけ)の子という不遇の生を受け、あらゆる苦難と苦労、抑圧、差別を受けながらも、朝鮮で最高の名医になったホ・ジュンの生涯と、それを支えた心美しい女性たちを描いたヒューマンドラマ!

BS11(イレブン)

⇒BS11(イレブン)で放送しているドラマ番組情報の一覧ページはこちらです。

韓国ドラマ「愛の群像」

  • 放送日時:2024年5月31日~ 毎週月~金曜日 午後2時29分~3時30分

ぺ・ヨンジュン&キム・ヘスが送る愛と欲望のラブストーリー

韓国ドラマ「舞い上がれ、蝶」

  • 放送日時:毎週金曜日 午前10時00分~正午 初回のみ11時00分~ 1話放送、以降毎週2話連続放送

キム・ヒャンギ×チェ・ダニエル×オ・ユナの豪華キャスト共演!美容院を舞台に、ヒロインたちの成長を描くラブコメディ!

BS12トゥエルビ

⇒BS12トゥエルビで放送しているドラマ番組情報の一覧ページはこちらです。

韓国ドラマ「ミッシング2〜彼らがいた〜」

  • 放送日時:2024年6月1日(土)スタート 土曜ひる1:00~3:00(2話連続放送)

韓国ドラマ「ホジュン~伝説の心医~」

  • 放送日時:水、木曜 夕方 4:00~(2話連続放送)

韓国ドラマ「ワン・ザ・ウーマン

  • 放送日時:月~金曜 深夜 3:30~4:30

TOKYO MX

⇒TOKYO MX「ドラマ・特撮ヒーロー」サイトへ

tvkテレビ神奈川

⇒tvkテレビ神奈川「ドラマ・映画」サイトへ

テレ玉

⇒テレ玉「ドラマ番組一覧」サイトへ

チバテレ

⇒チバテレ「ドラマ・映画」サイトへ

この記事を書いた人
ヨムーノ 編集部 韓国ドラマチーム

ステイホーム(stay home)をキッカケに、ヨムーノ編集部の中から抜擢された韓国ドラマチーム(女性2名、男性1名)。実際に全話視聴して、おすすめの韓国ドラマはもちろん、マニアックな視点や見どころをご紹介します。Netflix・U-NEXTはもちろん、ディズニープラスやアマプラ、レミノなど多岐にわたる独占配信をほぼ毎日鑑賞中。独自視点と視聴率を元に「次、なに観る?」の参考になれば嬉しいです。

韓国ドラマ・映画

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ