【大原千鶴さんのおにぎり】が最高!!「その手があったか!」「ラップごと!?」目からウロコでお弁当にも

  • 2024年06月13日公開

こんにちは。ヨムーノライターの臼井愛美です。
フードコーディネーター、WEBライターをしています。37歳で子どもは3人おります。

NHKの『きょうの料理「おいしく使い切る大原千鶴の愛情ごはん」(2023年1月6日放送)』で紹介された、“余ったおかずで作る二つ折りおにぎり”が見た目も華やかでおいしかったので紹介します。

余ったおかずが“華やかおにぎり”に大変身!

番組で紹介されたのは、料理研究家の大原千鶴さんの「から揚げおかかおにぎり」。

実際作ってみたところ、冷蔵庫に残ってしまったおかずを活用できて、その上おいしかったんです。「その手があったか」と目からウロコでした。

早速、作り方をご紹介します!

料理研究家・大原千鶴さんの「から揚げおかかおにぎり」の作り方

材料(1人前)

・焼きのり(手巻き寿司用)…2枚
・ご飯(温かいもの)…130g
・削り節…3g
・醤油…小さじ1
・レタス(小さくちぎる)…適量
・から揚げ(3等分に切る)…2個
・しば漬け…適量
・焼きピーマン(縦に4等分に切る)…1個

※私は焼きのり(全形)を半分に切って使いました。

①混ぜご飯を作る

ボウルにご飯と醤油、削り節を加えて混ぜます。

海苔のそれぞれの片側に混ぜご飯をのせます。

②具材をのせる

①にレタス、から揚げ、しば漬け、焼きピーマンを順にのせます。

③おにぎりを重ねてラップで包む

1つのおにぎりの上に、もう片方のおにぎりをのせて、ラップで巻き寿司を巻くようにキツく包みます。

10分間置いて馴染ませてください。

④ラップの上から切る

ラップの上から4等分に切って完成です!

一口サイズで食べやすい!

混ぜご飯なのでしっかり味がついているのと、焼きピーマンのほろ苦さがアクセントになっていておいしいです。

唐揚げも入っているので子どもウケもバッチリ!
一口サイズなので朝ごはんにもピッタリです。

今回は唐揚げを入れましたが、生姜焼きやきんぴらごぼうなど、どんなおかずを入れてもおいしく作れると思います。

※食中毒予防のために、お弁当用にする場合はレタスを抜いてください。

この記事を書いた人
フードコーディネーター、元アパレル店員、パン教室主宰、ライター
臼井愛美

主婦歴20年目年36歳です。大2、高2、中2の3人の子供がいます。フードコーディネーター、料理教室主宰、WEBライター、SNS運用代行などマルチワーカーです。アパレル販売員歴5年でファッションも大好きです。ライフスタイルブック【ごきげんな主婦でいるための56のアイデア】(KADOKAWA)が絶賛発売中です。

こちらもどうぞ

人気記事ランキング 24時間PV集計
お弁当 レシピ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ