靴底の汚れもここまで落ちるの!?白いサンダルが”驚きの白さ”になって帰ってきたっ

  • 2023年06月27日更新

こんにちは、くふうLive!編集部です。

足元に抜け感を出せる魅力的なアイテム「白いサンダル」。でも白は汚れが目立つというデメリットもあります。

ここでは、お気に入りの白いサンダルを蘇らせるために、オキシ漬けしてみました。

白いサンダルをオキシ漬け!

ソール部分に黒い汚れがしっかりついています。
雨の日に履いたので、泥だと思うのですがちゃんと落ちるのでしょうか。

上から見えると、中敷き部分も汚れていることがよくわかります。

ソール(靴底)はこんな感じ。
一番汚れる部分ですが、ここの汚れが取れると感激しますよね。

オキシさん頼みますよ!

60度のお湯でオキシクリーンを溶かすのがポイント!

ボウルに付属のスプーンで3杯ほどのオキシクリーンを入れます。
そこに60度のお湯を入れて、素早くホイッパーで泡立てます。ある程度泡立ったら、洗面台のシンクにそのままお湯を入れちゃいましょう。

サンダルは軽くてぷかぷか浮いてしまうので、私は使わない木製の重いまな板を重しとしてサンダルの上から乗せました。放置すること約5時間……。

ソール部分は完全に汚れが落ちていないですが、納得できるキレイさになったと思います。お湯を抜いたあと、軽く靴磨き用のブラシでこすっただけです。

中敷き部分の汚れはしっかり落とすことができました。心なしか、白さが増したようにも見えます(笑)。

ソール部分の気になる汚れもなくなりました!
オキシ漬けするという長い待ちの時間はありますが、洗剤を使って力任せにゴシゴシする労力は削減できます。

今回は全体が真っ白のサンダルを使用しましたが、色落ちしてほしくない部分があるサンダルなどには使わないでください(用途や注意事項はオキシクリーンのパッケージに記載されています)。

まだまだ活躍しそうなサンダル。
一度汚れをリセットして、残暑を乗り切りましょう!

この記事を書いた人
くらしをもっと楽しく!かしこく!
ヨムーノ 編集部

「くらしをもっと楽しく!かしこく!」をコンセプトに、マニア発「今使えるトレンド情報」をお届け中!話題のショップからグルメ・家事・マネー・ファッション・エンタメまで、くらし全方位を網羅。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ