【平均視聴率10%】韓国ドラマ『キング・ザ・ランド』の見どころから視聴率まで

  • 2023年08月07日更新

こんにちは、くふうLive!編集部韓国ドラマチームです。

くふうLive!編集部韓国ドラマチームが実際に視聴して、おすすめしたいと思った韓国ドラマ『赤い袖先』と『ビッグマウス』。
その両作品の主演イ・ジュノとユナが韓国ドラマ『キング・ザ・ランド』に集結!

ここでは、その韓国ドラマ『キング・ザ・ランド』のあらすじや視聴率をご紹介しています。

最新の韓国ドラマ記事はこちら

【おすすめ韓国ドラマ】実際に鑑賞した作品だけ!おすすめはNetflixだけじゃない(随時更新中)

韓国ドラマ『キング・ザ・ランド』(킹더랜드)

  • Netflix 独占配信中

韓国ドラマ『赤い袖先』主演イ・ジュノと、韓国ドラマ『ビッグマウス』主演のユナが出演している韓国ドラマ『キング・ザ・ランド』が、2023年6月18日から日本のNetflixで配信開始されました。

韓国ドラマ『キング・ザ・ランド』キャスト

イ・ジュノ、ユナ、コ・ウォニ

インターン社員ク・ウォン役(演:イ・ジュノ)

▲Netflixシリーズ「キング・ザ・ランド」独占配信中

キンググループ会長の息子で、韓国ドラマ鉄板のオレ様スタイル。 スカイダイビングでキングホテルの隣のビルのヘリポートに降り立ち遅刻する。

作り笑いが一番嫌い。

姉はキングホテルの理事で、チョン・サランの採用面接官。
母親のことはなにも知らない。

主な出演作:「赤い袖先」「自白」

チョン・サラン役(演:ユナ)

▲Netflixシリーズ「キング・ザ・ランド」独占配信中

採用基準に満たないのに書類審査の手違いでキングホテルの面接を受け、まさかの合格。
人違いがキッカケでク・ウォンと初対面する。

ユナムという彼氏がいるが……。

キンググループで働く女友達と同居生活。クラブで踊ってストレス発散している。
特技ではなく趣味はピアノ。英語・中国語・日本語が話せる。

主な出演作:「ビッグマウス

韓国ドラマ『キング・ザ・ランド』の見どころ

最優秀演技賞受賞の二人が共演!

▲Netflixシリーズ「キング・ザ・ランド」独占配信中

赤い袖先」では百想芸術大賞のテレビ部門男性最優秀演技賞、TikTok 人気賞を受賞、俳優としての活躍もめざましいジュノ。

そして、「ビッグマウス」では演技を評価され、2022年のMBC演技大賞最優秀演技賞(ミニシリーズ部門)の女優部門を受賞したイム・ユナ。

演技の世界でも今飛ぶ鳥を落とす勢いの二人は、以前、韓国の「MBC歌謡大祭典」でMCを務めるなど相性抜群な姿を度々見せてきた。

実力派が勢揃いし贈る、恋に仕事に大奮闘する胸キュン必至の王道韓ドラに今から期待せずにはいられない!

韓国ドラマの“あるある”!?格差社会の恋愛ラブコメディ

▲Netflixシリーズ「キング・ザ・ランド」独占配信中

オレ様御曹司ク・ウォンと気が強い従業員チョン・サラン。

(やっぱり!?)ク・ウォンに知られざる過去がありそうな雰囲気!!
(やっぱり!?)チョン・サランに早くも惹かれるク・ウォン!?

胸キュン度 1,000,000,000,000%ドラマ

第1話の視聴率5%から第8話で最終回の最高視聴率に次ぐ数字12.3%とうなぎ登りの面白さ!
ですが、第9話以降視聴率が最高視聴率を超えることはなく10%切る回が2回もありました。

あまり本編とは関係なさそうなタイ国の観光PR映像とも思える慰安旅行。
ウォンとサランのラブラブシーンが増える。
韓国ドラマらしい、最大の山場が起きそうで何も起きない……!?

二人に訪れる試練に期待しすぎると後半は、順風満帆すぎて盛り上がりに欠ける印象が強いかもしれません。

純粋にピュアラブストーリー胸キュン度 1,000,000,000,000%作品です!!

韓国ドラマ『キング・ザ・ランド』全16話あらすじと視聴率

▲Netflixシリーズ「キング・ザ・ランド」独占配信中

生まれながらにして優雅さとカリスマ性、知性と気品を持ち合わせるキンググループの御曹司ク・ウォンは、母親の記憶を取り戻すために、キングホテルに帰ってくる。

一方、キングホテルのロビーのフロントデスクで笑顔をふりまくチョン・サランは、全ホテリエの夢のキャリアである"キング・ザ・ランド"に配属される。

そこに、キングホテルの後継者ク・ウォンが現れ――?
偽りの笑顔が苦手なク・ウォンと、仕事柄常に明るく笑わなければならないチョン・サラン。
全てが正反対な彼らの予期せぬ出会いは、二人の“笑顔”をどう変えていくのか…?

▲Netflixシリーズ「キング・ザ・ランド」独占配信中

韓国ドラマ『キング・ザ・ランド』は全16話です。
平均視聴率は10.1%でした。
最低視聴率と最高視聴率は、視聴率調査会社と地域別で視聴率に差がある場合があります。

エピソード1 視聴率 5%

キングホテルで働き始めたチョン・サランは、予想外のアクシデントに見舞われながらも精一杯仕事をこなす。家族が経営する会社に出社したものの、職場に溶け込むことができないク・ウォン。

エピソード2 視聴率 7.5%

気まずい場面を見られた後、ウォンに対して最悪の印象を抱いたサランは、ウォンと一緒に出張に行くことになってしまう。さらに、彼氏との関係も雲行きが怪しくなり...。

エピソード3 視聴率 9.1%

出張中もぶつかってばかりのサランとウォンは、思いがけないハプニングをきっかけに本音を語り合う。自宅に戻ったウォンが家族から怒りをぶつけられる一方、会社で称賛を浴びるサラン。

エピソード4 視聴率 9.64%

突然芽生えたサランへの感情に戸惑いを覚えるウォン。新たな仕事場で働き始めたサランは、これまで以上にウォンと顔を合わせることになる。

エピソード5 視聴率 9.67%

ウォンの思いがけない優しさに触れたサランは、その行動をどう解釈すればいいかわからず戸惑う。一方ウォンは、サランの仕事内容に口を出すようになる。

エピソード6 視聴率 12%

助けを必要とするサランのもとに駆けつけるウォン。その後の数日間をサランと共に過ごしたウォンは、彼女に大事な質問を投げかける。

エピソード7 視聴率 10.6%

何度はぐらかされても、めげずにサランにアプローチし続けるウォン。ホテルにやって来たアラブの王子がサランのことを気に入り、ウォンと熱い火花を散らす。

エピソード8 視聴率 12.3%

サランのためにパーティーを手配するサミール王子。その行動に深い嫉妬を覚えたウォンは、サランをデートに誘い出し、あの手この手でもてなそうとする。

エピソード9 視聴率 10.1%

運命的な夜から一夜明け、サランと新たな関係を築き始めたウォンは、サランが心から大切に思うある人に、自分のことを認めてもらおうとする。

エピソード10 視聴率 11.3%

サランの友人たちとともに海外旅行に出かけたウォンとサランだが、なかなか二人きりになることができない。そんな中、自らの過去についてサランに打ち明けるウォン。

エピソード11 視聴率 9%

ホテルにとって非常に重要な意味を持つ、100周年記念行事を取り仕切ることになるウォン。ウォンの過去につながる情報を求めて、ある従業員に会いに行くサラン。

エピソード12 視聴率 10.9%

キンググループの今後の方向性を決めようとするウォンとク・ファラン。サランとウォンの関係が強固なものとなるなか、思わぬ人物が姿を現す。

エピソード13 視聴率 9.3%

思わぬ言葉を耳にしたサランは、ウォンに対してぎこちない態度をとってしまう。プレゼンの準備をしたウォンは、家族の前で将来に向けた計画を発表する。

エピソード14 視聴率 10.6%

ファランの策略が招いた大きな混乱を受け、事態の解決を図るウォン。一方サランは、ウォンの父親から厳しい命令を受ける。

エピソード15 視聴率 11.9%

自らの過去と深い関わりをもつ人物と思いがけず再会するウォン。その後、サランの新たな勤務地を訪ねたウォンは、そのホテルについてある決断を下す。

最終回 視聴率 13.7%(過去最高視聴率)

将来を見据えて大きな決断を下すサラン。一方、サランのために自分の計画を遅らせることにしたウォンは、ある質問をするために彼女のもとへ向かう。

韓国ドラマ『キング・ザ・ランド』と合わせて鑑賞してほしい韓国ドラマ

韓国ドラマ『カーテンコール』

『キング・ザ・ランド』と同じホテルが舞台です。
ハ・ジウォンとカン・ハヌル主演『カーテンコール』はラブコメではなく、泣けるドラマです。

見どころは「孫に成りすましたことがバレるのかどうか」でしょうか。
また、ラブロマンスが絡むならホテルの総支配人パク・セヨン(ハ・ジウォン)と孫になりすましたユ・ジェヒョン(カン・ハヌル)の関係。

そして、中国で超危険人物として過ごしている本当の孫がどんなかたちでチ・グムスンの前に現れるのか現れないのか……。

【韓国ドラマ】カーテンコール【ネタバレ注意】あらすじ・感想・視聴率

韓国ドラマ『キム秘書はいったい、なぜ?』

©STUDIO DRAGON CORPORATION

パク・ソジュン主演の超人気ドラマです。
「退職したい」秘書と「引き留めたい」副会長の駆け引きラブロマンス!

物語が進むにつれ、明らかになっていく副会長とキム秘書の隠された過去……そして二人の恋の行方はいかに!?

「キム秘書はいったい、なぜ?」のあらすじ、相関図、キャスト、感想を紹介!配信サービスまとめも

この記事を書いた人
ヨムーノ 編集部 韓国ドラマチーム

ステイホーム(stay home)をキッカケに、ヨムーノ編集部の中から抜擢された韓国ドラマチーム(女性2名、男性1名)。実際に全話視聴して、おすすめの韓国ドラマはもちろん、マニアックな視点や見どころをご紹介します。Netflix・U-NEXTはもちろん、ディズニープラスやアマプラ、レミノなど多岐にわたる独占配信をほぼ毎日鑑賞中。独自視点と視聴率を元に「次、なに観る?」の参考になれば嬉しいです。

韓国ドラマ・映画

こちらもどうぞ

人気記事ランキング 24時間PV集計
韓国ドラマ感想・あらすじ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ