【韓国ドラマ時代劇】『朱蒙(チュモン)』は実話?気になるソソノとの関係から視聴率まで

  • 2023年10月04日更新

こんにちは、くふうLive!編集部です。

韓国ドラマの中で人気の高いジャンル「時代劇」。スケールも大きいので16話で収まらずもっと話数が長い印象です。

ここでは、今まで鑑賞してきた韓国ドラマの中でもっとも長い全81話の「チュモン(朱蒙)」の見どころからあらすじをご紹介しています。
韓国ドラマ時代劇の入門編でもあり幕の内弁当ともいえる全部盛りの作品でした。

最新の韓国ドラマ記事はこちら

【面白い韓国ドラマランキング】実際に鑑賞して決定!おすすめはNetflixだけじゃない(随時更新中)

※本ページはアフィリエイトプログラムを利用しています。

韓国ドラマ時代劇「チュモン(朱蒙)」

最高視聴率52.7%(平均視聴率41.8%)の大ヒット作品です。

韓国ドラマ時代劇「チュモン(朱蒙)」はどこでみられる?

  • U-NEXT 全81話見放題配信中

Netflixでは配信されていません(2023年3月13日時点)。

韓国ドラマ時代劇「チュモン(朱蒙)」のネタバレ注意な見どころ

全81話は長いと感じるかも

韓国ドラマ時代劇「奇皇后」(ハ・ジウォン主演)は、次が早く観たいと思えるほど全51話じゃ足りないくらい面白いドラマでした(むしろ最終回が来ないで欲しいと願った)。

なので、韓国ドラマ時代劇「チュモン」も「奇皇后」的な期待をしていましたが、個人的に81話を完走するのはしんどかったです。
50作品以上韓国ドラマを鑑賞してきた中で寝落ちしたことはなかったのですが、初めて後半になればなるほど、寝落ちする回数が増えてしまいました(涙)。

©All Rights Reserved by MBC 2006/7

【全81話がしんどかったと感じた理由】

  • (1)徹底した“チュモン嫌い”がずっと続く

この韓国ドラマ時代劇「チュモン」は、高句麗を建国したチュモンの波乱万丈ストーリーです。
なので、“チュモン嫌い”派と“チュモン応援”派の戦いです。

王位継承争いやラブロマンスは鉄板なので組み込まれるのは当然なのですが、81話もあると懲りずに何度も起きるので、視聴者からすると「また、この展開か!」とツッコミしたくなることも!?

もちろん、主役のチュモンが“チュモン嫌い”派に屈するわけが無いのですが、あの手この手でチュモンを亡き者にしようと何十回も企てるので、当然ぬか喜びばかりで1度も成功しません。

ドラマの最後の方は、最終手段として巫女がチュモンを呪い殺そうとしますが、落雷で巫女が死んじゃうというコントみたいな展開も(汗)。

さすがに81話分の“チュモン嫌い”を見せつけられるとうんざりするかも。

  • (2)想定外が起こらない

ドラマ鑑賞に欠かせない涙腺崩壊的な展開にも期待します。
韓国ドラマ時代劇「奇皇后」では、「え~この人死んじゃうの(泣)!」的な展開があり、泣けるシーンが多々あります。

⇒【韓国ドラマ】「奇皇后 〜ふたつの愛 涙の誓い〜」見どころ!最高視聴率は29.2%

残念ながらチュモンに出演するキャストは長生きです。
亡くなっていく方々はサブキャラが多く、ぶっちゃけ「ようやくキャストが少し減った」と思うくらいかも。

ちなみに、全81話ありますがオープニングはブレずにずっと同じです(エンディングは1回だけ変わりました)。
全10名のキャストがオープニング映像に登場しますが、最後まで生き残った役は6名もいます。

個人的に泣ける・感動したシーンは、誰かが亡くなるシーンではなく、チュモンを暗殺しようとした武将プブンノが、チュモンの人柄に惚れて寝返るシーンがよかったです(笑)。

  • (3)キャストが地味すぎた?

好きな俳優さん女優さんが出演していると、それだけで見る価値はあると思います。
チュモンに出ているキャストで知っている方はほぼいなかったので、脚本・ドラマの内容に期待したのですが、81話はつらかった!

ソソノ役のハン・ヘジンさんは2023年3月の韓国ドラマ『離婚弁護士シン・ソンハン(Netflixシリーズ)』に出演しています。
チュモンは2006年に放送開始され、離婚弁護士シン・ソンハンは2023年放送開始です。あれから17年時を経てるので、ハン・ヘジンさんの時代劇と現代ドラマの役を見比べる楽しみ方もありです。

⇒Netflix【韓国ドラマ】『離婚弁護士シン・ソンハン』視聴率からネタバレ注意な見どころまで

一番気になるチュモンとソソノの関係

©All Rights Reserved by MBC 2006/7

ドラマを観ていると、人間関係(相関図)よくわからない部分が多々出てきます。
最大の関心ごとはチュモンとソソノの間に子どもがいたのか、いなかったのか。

結論としては、チュモンとソソノの間に子どもはいません。

高句麗にいたソソノの息子ピリュとオンジュは戦死したウテとの子どもです。
チュモンとイェソヤの子はユリ(高句麗の第2代王)です。

韓国ドラマ時代劇の「幕の内弁当」的な作品

全81話と長丁場(1話60分強)、「チュモン」は韓国ドラマ時代劇の要素を全部盛り込んだ、お得な幕の内弁当的な作品だと思います。

世継ぎ問題、権力争い、王妃と側室問題、他国との戦争、刺客・毒殺、妬み・裏切り、ラブロマンスなどなど、韓国ドラマ時代劇に必要なものは全部反映されているので見ごたえは十分にあります。

1点だけ、韓国ドラマ時代劇「チュモン」に無い要素を挙げるなら、「子役時代」がないというところくらいでしょうか。
主役のチュモン、ソソノは成人してから登場するので、子役はいません。

「チュモン(朱蒙)」は実話?実在する?

©All Rights Reserved by MBC 2006/7

韓国ドラマ時代劇は実在の人物からヒントを得た架空の物語作品もあります(奇皇后など)。 韓国ドラマ時代劇「チュモン」は、日本語字幕テロップで史実なのか架空なのかの注釈は出てきません。

ただ、Wikipediaなどで調べてみると韓国ドラマ時代劇「チュモン」に登場する人物や出来後は本当に実在した人物・出来事をドラマ化しているようです。

Wikipediaによると、東明聖王は40歳で亡くなっています。
韓国ドラマ時代劇「チュモン」の最終回でもナレーションで40歳で亡くなったと放送されました。

ソソノは、チュモンと血が繋がっていないピリュとオンジュがユリとの後継者争いを避けるため、ソソノはピリュとオンジュを連れて高句麗から南下し、百済を建国(初代の王オンジュ)したそうです。

韓国ドラマの中では円満な離脱になっていますが、百済初代の王オンジュのWikipediaを読む限りでは「南方に逃れた」とあるので、チュモンの実子ユリ派の圧力はかなりあったのかもしれません。

韓国ドラマ時代劇「チュモン(朱蒙)」のキャスト

ソン・イルグク、ハン・ヘジン、キム・スンス

韓国ドラマ時代劇「チュモン(朱蒙)」のあらすじと平均視聴率は41.8%

Wikipediaによると韓国ドラマ時代劇「チュモン」の平均視聴率は41.8%です。
最高視聴率は52.7%(第81話最終回:ソウル)。最低視聴率は17.5%(第1話:ソウル)となっています。

平均視聴率の高さから、第1話の最低視聴率から最終話の最高視聴率記録までうなぎ登り状態でした。

⇒朱蒙 (テレビドラマ) - Wikipedia

紀元前1世紀。
2,000年以上にわたり栄えながらも、漢によって滅ぼされた大帝国「古朝鮮(コジョソン)」。朝鮮民族の小国群に保護を求め逃げ込む流浪の民。古朝鮮(コジョソン)の流民開放と失地回復という大志を抱く英雄ヘモス。

そのヘモスを救い、やがて恋に落ちるが、漢の鉄騎軍に一族を皆殺しにされた河泊(ハベク)族のユファ姫。

ヘモスの同志、親友であり、ユファ姫を心密かに想う扶余(プヨ)の太子クムワ。3人それぞれの愛と信頼関係が世代を超えて絡み合い、因縁となって巡っていく。そして、ヘモスが漢軍の矢に倒れ生死不明となった20年後……クムワは扶余(プヨ)の国王となり、ヘモスとユファの息子チュモンは、実の父を知らぬまま、クムワ王の第三王子として育てられ、王の側室として迎えられた母ユファと共に、その寵愛を受けていた。正室である王妃と2人の兄は、嫉妬と憎悪に狂い様々な謀略でチュモンを陥れようとする。

意気地が無く軟弱な王子チュモンは、賢く強く美しい娘・ソソノや、運命を共にする仲間達に出会い、数々の逆境や試練を経て、強靭な真の英雄に変貌していく

この記事を書いた人
ヨムーノ 編集部 韓国ドラマチーム

ステイホーム(stay home)をキッカケに、ヨムーノ編集部の中から抜擢された韓国ドラマチーム(女性2名、男性1名)。実際に全話視聴して、おすすめの韓国ドラマはもちろん、マニアックな視点や見どころをご紹介します。Netflix・U-NEXTはもちろん、ディズニープラスやアマプラ、レミノなど多岐にわたる独占配信をほぼ毎日鑑賞中。独自視点と視聴率を元に「次、なに観る?」の参考になれば嬉しいです。

韓国ドラマ・映画

こちらもどうぞ

人気記事ランキング 24時間PV集計
韓国ドラマ感想・あらすじ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ