【韓国ドラマ】「最愛の敵~王たる宿命~」【ネタバレ注意】全16話の見どころと平均視聴率

  • 2024年04月17日公開

こんにちは、ヨムーノ編集部韓国ドラマチームです。

韓国ドラマの人気ジャンルといえば「ラブコメ」「ラブロマンス」「時代劇」。そして、韓国人気俳優といえば、パク・ソジュン、イ・ミンホ、イ・ジョンソク、コン・ユ、ヒョンビン、チ・チャンウク、パク・ボゴム、キム・スヒョン……止まりません。

ここでは、パク・ソジュン主演「花郎(ファラン)」やキム・スヒョン主演「太陽を抱く月」のようなイケメン勢ぞろいではないけれど、ディズニープラス スターで独占配信中の韓国ドラマ時代劇「最愛の敵~王たる宿命~」を実際に視聴して感じた感想をご紹介しています。

韓国ドラマ「最愛の敵~王たる宿命~」

  • ディズニープラス スターにて独占配信中

Netflix (ネットフリックス) では配信されていません。

自分の目的のためなら手段を選ばないイ・テ。彼は高貴な家の娘ユ・ジョンを自分の妻として考えているが、そのせいで彼女の家族は王宮の権力闘争に巻き込まれてしまうー。

主演は、MBLAQの元メンバーで俳優としても活躍するイ・ジュン。
さらに『ザ・プロファイラー~見た通りに話せ~』のカリスマ俳優チャン・ヒョク、『ただ愛する仲』などの若手実力派女優のカン・ハンナら豪華キャスト。

朝鮮の王となり絶対君主を夢見る男の権力闘争と、その争いに巻き込まれることになる女性とのロマンスを描く歴史小説シリーズ。

『IRIS2-アイリス2- :ラスト・ジェネレーション』以来、9年ぶりに共演となるイ・ジュンとチャン・ヒョクの息詰まる政治対決は見どころ。

「最愛の敵~王たる宿命~」の見どころは?

(c) 2022 Disney and related entities

見どころですか……。
イケメンが多くキャスティングされたドラマではないので、胸キュン要素は少ないです。
どちらかというとラブロマンスで、コメディ要素もゼロです。 涙腺崩壊するような泣けるシーンもそんなに多くはないです。

「奇皇后」「花郎(ファラン)」みたいな、ハラハラドキドキ……絶体絶命からの~……キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! という展開もないです。

なので、時代劇らしく王とナンバー2の勢力争い、裏切り、心理戦、黒幕は誰だ的な要素の解明が見どころですね。

初回~第3話までは寝落ちしそう……乗り切れば波に乗れるかも

初回~第3話あたりまでは、身分を隠した王イ・テ(イ・ジュン)と町に住む女性ユ・ジョン(カン・ハンナ)との密会というかデートが続きます。
俳優イ・ジュンが好きな方なら耐えられるかもしれませんが、ルックス的にはキム・スヒョンやヨ・ジング系が好きなので、胸キュンしないと辛いです。

  • 第1話 視聴率6.3%
  • 第2話 視聴率6%
  • 第3話 視聴率5.3%
  • 第4話 視聴率5.6%
  • 第5話 視聴率5.8%
  • 第6話 視聴率6.4%

後ほど全16話の視聴率にも触れますが、初回スタートから第3話まで視聴率は下降しています。
ちょっと盛り上がりに欠けるかなぁ~という印象が強いかもしれません。

Netflixシリーズ「梨泰院クラス」の主人公パク・セロイのお父さんが事故死したり、テレビアニメ「キングダム」の漂(ひょう)が犠牲になったり……みたいな、いわゆる「掴みはOK!」がないと、右肩上がりに持っていけない的な。

とにかく第6話から本格的な駆け引きが始まるので、頑張って3話乗り切りましょう!

第4話から「最愛の敵」の意味が分かってくる

そんな密会を重ねる二人ですが、ユ・ジョンが王と敵対するパク・ゲウォン左議政(チャン・ヒョク)に見つかってしまい、左議政はユ・ジョンを姪とウソをついて王妃候補として王に接近させます。

つまり、最愛のユ・ジョンを王妃にすると、敵対している左議政が義理の父になってしまい勢力争いが不利になってしまう事態に……。

ちなみに、王と敵対する左議政は、私利私欲の悪代官ではなく、朝鮮(国)を強くするには指導力がある国王が必要だと考えている国のナンバー2です。
なので、完全に悪ではないところが逆にややこしい(笑)。

つまり、亡くなった先王と今の王は自分たちの家族や勢力ばかり気にしている軟弱な王というわけです。

シンプルな話のようで恋愛感情が話を複雑にしている

(c) 2022 Disney and related entities

「最愛の敵~王たる宿命~」の王様の課題は大きく2つです。

  • (1)先王を潰した左議政を倒して王の権威を強くしたい

  • (2)王様は好きな女性ユ・ジョンを王妃にしたい(または安全な場所で生きてほしい)

韓国ドラマ時代劇ではよくある展開なのですが、【ユ・ジョンの隠された過去】と【左議政の姪という偽り】が大きな障壁になっていて、全16話までこの葛藤が続きます。

また、韓国ドラマ時代劇は朝鮮時代の難しい役職などがたくさん出てきます。真面目に理解しようとすると頭が疲れます。日本語字幕では軽くスルーが吉。

王と敵対する左議政の考えがよくわからない(汗)

(c) 2022 Disney and related entities

王と左議政の対決がメインなら理解しやすいのですが、途中から王と左議政がタッグを組んで、新たな敵勢力として継母でもある大妃と壮大なバトルが繰り広げられます。
視聴していると「えっ、そっちが本線になるの??」と困惑間違いなし!

これは、王と敵対する左議政がユ・ジョンの頭脳明晰なキャラクターにより、軟弱な王がユ・ジョンと一緒になれば強い国ができるんじゃないか……と、国優先思考の左議政の心の揺らぎでもあります。

ちなみに、大妃と左議政は若かりし頃、元カレ・元カノみたいな設定です。
左議政は元カノを先王に差し出すくらい、好きな女性よりも強い権力・勢力を優先させる人物です。

キャスト

役名:イ・テ(王様)

(c) 2022 Disney and related entities

イ・ジュン『適齢期惑々ロマンス ~お父さんが変!?~』『ヴァンパイア探偵』

役名:パク・ゲウォン(左議政)

(c) 2022 Disney and related entities

チャン・ヒョク『剣客』『油っこいロマンス』

役名:ユ・ジョン(王妃候補)

(c) 2022 Disney and related entities

カン・ハンナ『九尾の狐とキケンな同居』『麗〈レイ〉~花萌ゆる 8 人の皇子たち~』

あらすじと各話視聴率(平均視聴率 6.65%)

「最愛の敵~王たる宿命~」の平均視聴率は6.65%です。
視聴率の情報はYahoo!ニュースなどの検索結果をもとに記載しています。

(c) 2022 Disney and related entities

絶対王政を夢見る王イ・テは、左議政パク・ゲウォンと朝鮮王朝を何代にもわたって抑圧してきた貴族たちを打ち負かし、 宮廷の権力を回復しようとしていた。しかし、女性ユ・ジョンが突然王の前に現れ、王は彼女に心惹かれていく。 やがて運命が二人に究極の選択を迫っていくことになるのだが…。

第1話 視聴率6.3%

左議政パク・ゲウォンの前では操り人形の王にすぎないイ・テ。王妃選びを目前に控え、すでに世を去った世子嬪を思い出す。

第2話 視聴率6%

ユ・ジョンはイ・テに告白するが、イ・テはその気持ちに応えられない。パク・ゲウォンは大妃と共に自分の姪を王妃に選ぼうとする。

第3話 視聴率5.3%

ユ・ジョンを気遣いつつも、“別の女性と婚姻する”と言うイ・テの本心が分からず混乱するユ・ジョン。一方、パク・ゲウォンがユ・ジョンの存在を知る。

第4話 視聴率5.6%

姪の名前で王妃選びに参加するよう、ユ・ジョンを脅すパク・ゲウォン。ユ・ジョンが何も言わず姿を消すと、不安になるイ・テ。

第5話 視聴率5.8%

パク・ゲウォンの姪アオクのおばに「アオクではない」と暴露されたユ・ジョン。これによりユ・ジョンの身分について宮中に波乱が巻き起こる。

第6話 視聴率6.4%

冷たい態度に豹変したイ・テに心を痛めるユ・ジョンだが、イ・テの本心を知ったユ・ジョンは、言われたとおり王宮から逃げ出そうとする。

第7話 視聴率5.5%

宮中に争いを仕掛け、王妃の冊封を急がせようと世論を利用するユ・ジョン。一方、イ・テは朝廷からの圧力により苦境に立たされる。

第8話 視聴率6.6%

正体を明かしたユ・ジョンは職人らを解放するよう、パク・ゲウォンに迫る。またイ・テはチョ・ウォンピョに頼まれてヨニと夜を共にする。

第9話 視聴率5.7%

お互いの気持ちを確かめ合ったジョンとイ・テ。しかしジョンがイニョン王后殺害事件の顛末を知ってしまったことで再び危機に直面する。

第10話 視聴率6.3%

王妃に内定したジョンはイ・テと共に潜幸に出る。ヨニはその隙を狙い、ジョンの身分を暴こうとする。

第11話 視聴率6.1%

ジョンが大妃にしたことが明らかになると、大妃は窮地に追いやられる。しかし王宮を驚愕の渦に巻き込む事件が起き、状況が一変する。

第12話 視聴率7.3%

垂簾聴政で独断的な振る舞いを見せていた大妃は、イ・テを保護するため別宮に移そうとするジョンを阻む。

第13話 視聴率8%

ゲウォンがイ・テを疑う中、イ・テはジョンを王宮から逃そうとする。またジョンはトングムを助けるため大妃に会いに便殿へ向かう。

第14話 視聴率8.9%

トングムを失ったジョンに真実を告げられないイ・テ。一方、イ・テにだまされたことを知った大妃は八道の兵を動員しようとする。

第15話 視聴率7.7%

イ・テはパク・ゲウォンと大妃を完全に倒そうとする。ユ・ジョンはイ・テが王権への固執から粛清を行わないかと危惧する。

第16話(最終話) 視聴率8.9%

ユ・ジョンが自分の敵になろうとしていると疑い、冷たく当たるイ・テ。しかしユ・ジョンは臣下になろうとする。

編集部おすすめ韓国ドラマ

Licensed by KBS Media Ltd. ©2016 SAMHWA NETWORKS All rights reserved

編集部が膨大な韓国ドラマ作品の中から実際に鑑賞して、「面白かった!おすすめ!」と思った韓国ドラマだけをご紹介しています。
加入する動画配信サービスや次に何をみるか迷った時の参考になれば嬉しいです。

【おすすめ韓国ドラマ】実際に鑑賞した作品だけ!おすすめはNetflixだけじゃない(随時更新中)

この記事を書いた人
ヨムーノ 編集部 韓国ドラマチーム

ステイホーム(stay home)をキッカケに、ヨムーノ編集部の中から抜擢された韓国ドラマチーム(女性2名、男性1名)。実際に全話視聴して、おすすめの韓国ドラマはもちろん、マニアックな視点や見どころをご紹介します。Netflix・U-NEXTはもちろん、ディズニープラスやアマプラ、レミノなど多岐にわたる独占配信をほぼ毎日鑑賞中。独自視点と視聴率を元に「次、なに観る?」の参考になれば嬉しいです。

韓国ドラマ・映画

こちらもどうぞ

人気記事ランキング 24時間PV集計
韓国ドラマ感想・あらすじ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ