【保存版】「サイゼリヤ」500円ランチ5選!気になる中身を詳しく紹介

  • 2024年03月26日更新

こんにちは!ヨムーノ編集部です。

イタリアンがリーズナブルに食べれると人気の『サイゼリヤ』!そんなサイゼリヤの平日ランチメニューは、税込みで500〜600円という価格帯の5種類。

「安すぎない?」「本当においしいの?」そんな疑問に答えるべく、サイゼリヤベテランから初心者まで、ヨムーノ編集部員5人がサイゼリヤ「ランチメニュー」全てを食し紹介します。

忖度なしの全力レポートをお届けしますよ!

圧倒的低価格!サイゼリヤ“ランチ”の世界

サイゼリヤのランチは「平日のみ」!休日と夜にサイゼリヤに出没しまくっている編集部員もランチは初体験でした。

地域によってメニューが一部異なりますが、基本的に以下の5メニューです。

・「牛100%ハンバーグ」600円(税込)
・「タラコソースシシリー風」500円(税込)
・「ほうれん草とパンチェッタのスパゲッティ」500円(税込)
・「パルマ風のスパゲッティ」500円(税込)
・「タラコとエビのドリア」500円(税込)

ハンバーグのみ「ライス・スープ」、その他のメニューは「サラダ・スープ」が含まれる値段です。スープはおかわり自由。

ハンバーグのライスはパンメニューに変更(無料)、ライスは大盛り(+50円)や小盛り(−50円)にすることも可能ですよ。

また、+100円(税込)でドリンクバーを追加することができます。

物価高の時代に、500〜600円(税込)でサイドメニューもついたランチセットが食べられるのはどう考えてもお得です。

また、ランチメニューにないものが食べたいときは、ランチ時間帯でもグランドメニューから単品でオーダーすることが可能なところもうれしいですね。

ランチ帯は行列覚悟で!入店〜メイン到着まで

12時直前に到着も、サイゼリヤの前には大行列が!3〜4組は並んでおり、いきなりサイゼリヤの人気の洗礼を受けました。

15分ほど待ち入店。

ランチメニューは表も裏も同じランチメニューが記載されており、「カップルで向かい合いながら、それぞれメニュー表見るのにいいね」「いや、同じページ見ないのは仲悪いカップルやん(笑)」などと話しながら和気あいあい(?)メニューを決めます。

そして、サイゼリヤと言えばコレ!

タッチパネルでの注文も一般化している今日このごろですが、注文用紙にペンで注文番号を書く……という、このアナログ感がたまりません。

とはいえ、サイゼリヤでもQRコードによるセルフオーダーも順次導入されていますが、この注文方法のお店も残ってほしい!

注文用紙は呼び出しボタンの後ろにあり、横のボックスにはカトラリーが全て入っています。

100円(税込)ならばと、ドリンクバーも注文。落ちても割れない安心グラスに、各々好きなドリンクを注ぎます。

ここで編集部をざわつかせたのが「ランチスープ」です!

ドリンクバーの横にランチ時間帯だけひっそりと出てくる、ランチスープポット。すぐ横には、自分でトッピングできる黒こしょうとオリーブオイルも用意されています。

お玉ですくうタイプではなく、バーを引いたら出てくるという運動部の麦茶スタイルなのが印象的でした。

そして出てくるスープも麦茶……?と間違えてしまいそうなほど濃い色の「オニオンスープ」。しっかり色とコクが出るまで炒められた飴色玉ねぎがたっぷりなのか色が濃く香りも豊かです。

しかし、玉ねぎの具があるわけでもなく「クルトンなどのトッピングもないんだっけ……?」と思わず店員さんに確認してしまいましたが、これで正解とのこと。

インスタントスープの素をお湯で溶いただけのスープにも思えてしまい、「お店で食べるスープ」としては少し残念。

前述しましたが、ランチスープはおかわり自由です。

ランチ①「牛100%ハンバーグ(ライス・スープ付き)」600円(税込)


商品名:牛100%ハンバーグ(ライス・スープ付き)
ソース:オニオンソース/特製デミソースから選択
価格:600円(税込)
※ライス大盛り:+50円(税込)、ライス小盛り-50円(税込)
※ライス→パンに変更可能


ライスの大盛りや小盛り、パンへの変更など自由度が高いところが印象的ですね。

40代になっても“大盛り”がスタンダードな男性編集部員Hは、初サイゼリヤでパスタではなく元気にハンバーグを注文!

ソースはオニオンソースを選択し、さっぱりした味わいでしたが「ごはんをモリモリ食べたい!」という男性は特製デミソースがおすすめかもしれません。

編集部員Hの感想

「ハンバーグ」といえば松屋のハンバーグ定食830円一択でしたが、サイゼリヤのランチメニュー「牛100%ハンバーグ」は成人男性には腹八分と思える税込み600円らしいボリューム感。お得感はありますが、ハンバーグを食べるなら松屋かなぁ~というコスパ感。食べ盛りの小中学生には最高にコスパがいいメニューかと思います。牛100%ハンバーグはチェーン展開している飲食店ではレアメニューかもしれません。合い挽き肉ハンバーグに食べ慣れていると、牛100%の味わいが違うことに気づきますね。ただ、好みが分かれるかもしれません。

ランチ②「タラコソースシシリー風」500円(税込)


商品名:タラコソースシシリー風(スープ・サラダ付き)
価格:500円(税込)


パスタはたらこソースが1,2を競うくらい好きな編集部員Nは、パスタランチの「タラコソースシシリー風」を注文。

編集部でざわついたランチスープですが、具があったらうれしいと強く思ったようです。パスタは一般女性には満足のいく量かなと思います。

編集部員Nの感想

たらこソースの味付けはしょっぱすぎず、ちょうどよい。刻み海苔がアクセントになり、話しながら食べても手が止まらない。ランチとしては量も満足感あり。付近で働いているであろうOLさんも店内で多く目にしました。ただ、スープはわがままかもしれませんが、具があったらいいな......!

ランチ③「ほうれん草とパンチェッタのスパゲッティ」500円(税込)


商品名:ほうれん草とパンチェッタのスパゲッティ(スープ・サラダ付き)
価格:500円(税込)


見た目はスリムなのに、わんぱくなおなかをお持ちの編集部員Mからは「ぺろりと食べ終えたあと、おなかがすいて帰社途中でたい焼きを買って食べました」とのご報告が。

「私よく食べるほうかな」と思っている女性も安心してください。ランチ時間帯でも、グランドメニューからサイドメニューやデザート、もちろんメインも追加で頼めますよ!

チェーン店ではないイタリアンだと、ランチ時間帯にランチメニュー以外を頼めるお店は少ないのでうれしいですね。

編集部員Mの感想

まず驚いたのがほうれん草のボリューム感。野菜が足りない日々を送りがちな方に嬉しい量です。しっかりとほうれん草の味がします。ただほうれん草に対して、パンチェッタの量はさみしい……。肉で栄養をとる私にとっては少し足りないかも。スパゲティ本体のお味は、バターソテーに塩コショウがほどよく効いて、ちょうどよい塩梅のオイルソースパスタといった感じ。多分このオイル風味でおなかの満足度が上がる方もいるのでは。

ランチ④「パルマ風のスパゲッティ」500円(税込)


商品名:パルマ風のスパゲッティ(スープ・サラダ付き)
価格:500円(税込)


火鍋が大好き!編集部員Iは、「NEW」がついている「パルマ風スパゲッティ」を実食。

「パスタはボリュームがあり麺も太めで、かなりお腹いっぱいになりました」とのことで、パスタランチは一般女性(?)にはやはりちょうど良いボリューム感のようです。

昔はテーブル粉チーズとして自由に追いチーズができたサイゼリヤですが、2024年3月現在はグランドメニューから「トッピング粉チーズ」を100円(税込)で注文するスタイルになっています。

編集部員Iの感想

もちもちの麺と王道のトマトソースがよく絡んで、おいしい!肉厚のベーコンがところどころに入っていて、一緒に食べるとしょっぱさと歯応えがよいアクセントになっています。 チーズもポイントの一品だと思いますが、味的にも見た目的にもあまり感じることはできず、欲を言えば追いチーズをしたかった……!セットサラダで大人気の「サウザンアイランド風ドレッシング」も楽しめるのはポイント高いと思います♪

ランチ⑤「タラコとエビのドリア」500円(税込)


商品名:タラコとエビのドリア(スープ・サラダ付き)
価格:500円(税込)


月に2〜3回は近所のサイゼリヤに家族で訪問する、今記事執筆担当でもあるサイゼファン編集部員T。とはいえ、いつも夜や休日訪問なので、ランチセットは初体験です。

他編集部員とは別日・別店舗に行った筆者は、ランチサラダがコールスローのようなタイプで生野菜+ドレッシングだった他編集部員とは異なることに衝撃を受けました。

※「ハモン・セラーノ(生ハム)320円(税込)」はグランドメニューから追加注文。

ランチメニューをよくよく見ると「※時期や地域により、サラダの野菜が変更になる場合がございます」と記してありました。生野菜のサラダに生ハム(追加注文)をのせようとしていたので少しショックを受けながらも、おいしくいただきました。

編集部員Tの感想

サイゼリヤではいつもお酒に合うメニューばかり食べているため、このドリアを一人で食べるのは初めて。タラコの塩味とクリーミーなベシャメルソースがよく合います!でもサイゼリヤでドリアなら「ミラノ風ドリア」が食べたくなってしまうのでランチでも選べるとうれしいなと思いました。ドリアは米量がそんなに多くないのでパスタより満腹感に少し欠けますが、このご時世税込みで500円でセットが食べられるなんて素敵です。

サイゼリヤはやっぱりグランドメニューがすごい

サイゼリヤの何が好きって、ワンコイン以下の本格サイドメニューが豊富なところ!ランチ時間帯にもグランドメニューから追加注文をすることもできます。

ランチのないディナータイムや休日だったら、子どもはピザなど好きなメニューを頼み、大人は100円ワイン(税込)片手に「ハモン・セラーノ(生ハム)320円(税込)」や「エスカルゴのオーブン焼き 400円(税込)」をもぐもぐ。幸せな時間です。

▼おすすめアレンジ:プチフォカッチャ150円(税込)+ハモン・セラーノ320円(税込)

特に、よくチェーン店やスーパーで見かけるなんちゃって生ハムではない「ハモン・セラーノ」は格別。他のお店ではこの価格では絶対に食べられませんよ。

ランチ時間帯も、ランチセットよりもグランドメニューを注文して楽しんでいるお客さんの方が多く感じました。

ランチメニュー+グランドメニューを楽しんでほしい

ヨムーノ編集部でサイゼリヤのランチメニュー5種を全て食べてみました。税込みで500〜600円でランチセットが食べられるのはやはりお得です。

また、「ランチだけじゃ足りない!」わんぱくなおなかをお持ちの腹ペコ組も、ランチ時間帯もグランドメニューが注文できるので安心ですね。

サイゼリヤのランチは、ワンオーダーでサイドメニューまでついてとってもお得。だけど、ヨムーノサイゼリヤファン代表としては、グランドメニューからもちょこちょこ頼まずしてサイゼリヤの魅力は語れない!

ランチセットだけではなく、ぜひグランドメニューも見てみてくださいね。

※価格などの情報は記事公開当時のもので、変更となる場合があります。また店舗により在庫の状況も異なりますのでご了承ください。

この記事を書いた人
くらしをもっと楽しく!かしこく!
ヨムーノ 編集部

「くらしをもっと楽しく!かしこく!」をコンセプトに、マニア発「今使えるトレンド情報」をお届け中!話題のショップからグルメ・家事・マネー・ファッション・エンタメまで、くらし全方位を網羅。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ