待って、デカぎるでしょ!【ドンキ】「いつもの7倍!限界までサイズアップ」「まるで夢のよう…」衝撃グルメ

  • 2024年07月06日公開

こんにちは、ドンキ歴20年の料理研究家でヨムーノライターの稲垣飛鳥です。

今日は、ドン・キホーテが限界に挑戦!?ショーケースを見て驚いた商品を紹介します。

ドンキが限界に挑戦!?「ドドンとプリン」


商品名:情熱価格 ドドンとプリン
価格:322円(税込)


こちらがその商品。

いやいや、どこが限界に挑戦?
と思いましたか?


見て下さい!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



で、デカい!!!!!

何と、商品重量460g!

コーヒーショップのトールサイズと同等のカップの大きさです!!

一般的な3つ入りのプッチンできるプリンは1個67gほどなので、約7倍です!!

しかも驚くのはサイズだけではないのです。

※店内撮影の許可は事前に取っています。

このプリンは原料も特別。パンや洋菓子を作るためだけに開発された特別な卵「スイーツエッグ」を使用しているんです。製造は蒸し物のプロ、茶碗蒸しメーカーさんが作ってるんだそう!!

プロ御用達の「スイーツエッグ」の特徴はというと……

  • 臭みが少ない
  • 色鮮やか
  • 素材を引き立てる

そんなこだわり卵で作ったプリン、いったいどんな味なんでしょう?

無謀な挑戦、デカすぎるプリンをお皿に出してみた

フタを開けるとプリンが容器ギリギリにまで入っていました。 黄色が濃いですね。

お皿に出すことは無謀だろうと思いましたが、まずは挑戦!!

いい感じでスルスルと出て来ていたのですが……

あまりの重さでちょうど真ん中で折れてしまいました(泣)。

お皿にでた分だけでも、すごいボリューム。

すごい重量なので全量を立てて出すのはかなり難しいと思われます。

というわけで、残りの半分もお皿に出してみるとこんな感じに。

全く映えないのですが、おいしそうなのは見てよく分かります。

ドンキ「ドドンとプリン」のお味は?

ではさっそくいただきます。スプーンで大胆にすくってみました!!

卵が濃い!!
すごく濃厚で、昔ながらのしっかりとした食感の昭和なプリン。

甘さは控えめなので、一口食べてまたすぐに二口目に勝手に手が動いてしまう、 そんなプリンです。

これは大人数でつっつきながら食べるのが楽しいと思います。

まとめ

今話題のドンキの「ドドンとプリン」を食べてみました。
夢のような大きさにワクワクできて、こだわり卵で作ったおいしい昔懐かしいプリンが味わえて、このことを誰かに伝えたくなる!そんなプリンでした。

購入したらぜひ、お皿にキレイに出す挑戦をしてみてください!

※価格などの情報は記事公開当時のもので、変更となる場合があります。また店舗により在庫の状況も異なりますのでご了承ください。

この記事を書いた人
シャトレーゼ・ドンキマニア!日本一早いレポします!
稲垣飛鳥

料理家・再現レシピ研究家。シャトレーゼ・ドンキマニア 2021年に50本テレビ出演。その他、雑誌やイベント出演など多方面のメディアで活動中。 著書「稲垣飛鳥さんのおうちで外食気分のごはん」(ベネッセコーポレーション) 「まるでお店!なほめられレシピ」(講談社)を出版。 中3の長男、小6の長女の母です。

シャトレーゼ ドン・キホーテ 100均 カルディ 節約

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ