続々と在庫切れ...!【3COINS】「炎天下でもひんやり」「セットで買うのが鍵」暑さ対策3選

  • 2024年07月08日公開

こんにちは。暑い……あぁ……暑い……はやくも夏バテぎみのヨムーノライター、蘭ハチコです。

去年の夏、友人が暑さ対策に持っていていいなぁと思ったアイテムがありました。

3COINS(スリーコインズ)で同じものを見つけたので、即購入。より快適に使えるアイテムも一緒に買ったので、紹介させてください。

暑さに参っている方は、チェックしてくださいね。

暑さ対策に!首元ひんやりのネッククーラー


商品名:クールネックバンド無地:L
価格: 880円(税込)
サイズ:首回り約35cm
重量(本体): 約155g(±10g)
カラーバリエーション:チャコールグレー、カーキ、ネイビー


それがこちらの首元を冷やすバンドです。夫と兼用するため、Lサイズのネイビーを購入。

Mサイズは首回り約30cmで、ピンクベージュやベージュなどかわいらしい色合いやチェック柄もありました。

キッズサイズ(首回り約29cmと約25cm)もあるので、家族でお揃いにしてもいいですね。

このネックバンドは体温を吸収することで液体化し、28℃以下に冷やすと固体に戻る仕組み。電池や充電もいらないので、お手軽に涼をとれます。

首には大きな血管が通っています。そのため、首元を冷やすことで体に冷たい血液が巡り、高くなった体温を効果的に下げられるそう。熱中症対策にもいいですね。

実際に着けてみましょう。

【スリコ】クールネックバンドの着用感は?

冷やしたネックバンドはカチカチで、首にかけるとひんやり。火照った体もクールダウンした感じがします。

しばらくすると、体温を吸収しやわらかくなりました。

中肉中背の夫が着用するとこんな感じ。なんとなく苦しそうに見えますが「きつくない」とのことです。

中身が液体になったら、平らな状態にし冷蔵室で20分、冷凍室で5分、冷水で20分以上冷やして使いましょう。

使用の目安は25℃〜35℃の気温で約60分。使用状況によって持続時間は異なるそうです。

気温の高い日に屋外で使用すると、冷たさはあまり続かない印象。そこで、おすすめしたいのが次のアイテムです。

クールネックバンドを使う人はあった方がベター


商品名:クールネックバンド用巾着(写真左)
価格: 330円(税込)
サイズ(縦×横):24cm×20cm
カラーバリエーション:ブルー、アイボリー、ピンク



商品名:クールネックバンド用保冷剤(写真右)
価格: 330円(税込)
サイズ:直径約18cm


同じくスリーコインズのクールネックバンド用の巾着と保冷剤。

巾着の内部はアルミの薄い膜が加工されていて、防湿性や紫外線・赤外線の遮断効果があります。

本当は巾着ではなくファスナータイプのポーチを買おうと思ったのですが、残念ながら在庫なし。

巾着タイプでもクールネックバンド、保冷剤の両方が入るので、購入を考えている方は早めに買った方がよいでしょう。

保冷剤は、ネックバンドを挟み込むような作り。

私が行った店舗ではキッズアイテムのコーナーに置いてありましたが、大人用のクールネックバンドも入る大きさです。

ネックバンドを保冷剤に入れて、さらに巾着に収納すれば持ち歩きに便利です。一度使って冷たさを失ったネックバンドは、保冷剤で冷やすと復活。

通学・通勤時には駅までの道で着用して、電車内では外して冷やしておくと電車を降りたときに冷たい状態で使えます。

冷蔵室がある環境やクーラーがガンガン効いた室内は別ですが、真夏の暑い日に冷やすのはなかなか難しいもの。

クールネックバンドを買う場合は、一緒に買うのをおすすめします。あるのとないのとでは、ぜんっぜん違いますよ!


・リアル友人におすすめできるか度 ★★★★☆
理由: クールネックバンド単体を外で使う場合は持続時間が短く感じた。保冷剤を一緒に買うのがベター。


スリコで暑さ対策を!

実は現在もこの文章を書きながら、クールネックバンドを着用しています。暑い日のお守り代わりになりそうな予感。

暑さでバテる前に、スリーコインズで探してみてくださいね。

※価格などの情報は記事公開当時のもので、変更となる場合があります。また店舗により在庫の状況も異なりますのでご了承ください。

この記事を書いた人
業務スーパーとカルディに毎週通う!webライター
蘭ハチコ

業務スーパーとカルディに毎週通い、お得に美味しく適度な手抜きをして生活しています。海外グルメとお酒のおつまみには目がないwebライターです。「美味しいものは人を幸せにする」と信じています。毎日がちょっと幸せに過ごせる、お得で美味しい素敵なモノをご紹介します♪

業務スーパー カルディ

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ