一度食べたら沼でした…。【鳥取県】「売り切れたら終了!」「禁断のバターアレンジに震える」新・ご当地パン

  • 2024年06月14日更新

こんにちは!鳥取県のヨムーノ公認ご当地アンバサダーのChieです。

2024年6月は、ヨムーノ公認ご当地アンバサダーが、各地域に存在する『ご当地パン』をリレー形式でお届けします。

鳥取のご当地パンといえば、100年以上の歴史がある亀井堂の「マイフライ」や、今春ファンの熱意で復活した境港の「ブドーパン」がテレビなどで取り上げられることもありますが、正直私自身は馴染みがなく……。

私にとって、鳥取に来たらぜひ食べてほしいパンといえば、鳥取市にある「ケーキハウスnonona(ののな)」の「とうふこしあんぱん」です。

一度食べたらハマってしまい、気づくとついついお店に足を運んでしまう魅惑のパンなんです!

ご当地アンバサダーが活躍する「Teamヨムーノ」についてはこちら

Chieさんのインスタグラムはこちら

とうふとこしあんのマリアージュ「とうふこしあんぱん」

JR鳥取駅から徒歩20分ほど、鳥取市薬師町にある「ケーキハウスnonona」。スーパーマルイ薬師寺店の敷地内にあるので駐車場も広々しており、車でのアクセスも良好です。

このお店では、鳥取県産の材料にこだわったパンやケーキ、焼菓子を販売しています。

中でもおススメしたいのが、パン生地にとうふを使った「とうふこしあんぱん」です。

このパンの魅力は、なんといってもふんわりとしたとうふパンのソフトな食感と、甘すぎないこしあんの相性の良さです。

数年前に母から「美味しいパンがあるから食べてみて!」ともらったのがきっかけで食べたのですが、甘いものがあまり得意ではない私でもまた食べたくなるほど。

1つ食べたら、もう1つ……とやみつきになってしまいます。

そのまま食べても美味しいのですが、トースターで表面がカリッとするまで焼くとまた違った食感が楽しめるほか、表面にバターを塗って焼けばコクがプラスされます。こんな風に食感のアレンジを加えるのもおススメです。

とうふパンシリーズはバリエーションも豊富!

とうふパンは、こしあんのほかにも、パン生地に抹茶を練り込んだ風味豊かな抹茶あんぱんも。

中にはぎゅうひが入っているんですよ!

このほか、もち麦あんぱん、さつまいもあんぱん、つぶあんぱんなど、あんこを使ったパンのバリエーションも豊富なんです。

どれにしようかと、迷うのも楽しい時間です。

このふんわり食感はレア&やみつきに!

ケーキハウスnononaでは、鳥取県産の牛乳や生クリーム、はちみつ、バター、小麦粉など、地産地消を主とした材料を使っているのも推しポイント。美味しく食べながら地域貢献もできるんです。

今回ご紹介した「とうふこしあんぱん」は、ケーキハウスnononaのほか、無人販売所「Lala coupe」、スーパーマーケット「サンマート」、直売所「わったいな」でも購入できます。
ただし、一店舗あたりに販売される個数自体が少なく、売り切れたら終了といった印象なので、買いに行くならお早めに。

ふんわりとしたとうふパンの食感と、甘すぎないこしあんの味をふと思い出して、買いに走ってしまうこともあるほどハマっています。鳥取県に来たらぜひご賞味あれ!

※紹介した店舗の情報は変更となる場合もございます。訪問時は事前にご確認ください

この記事を書いた人
くらしをもっと楽しく!かしこく!
ヨムーノ 編集部

「くらしをもっと楽しく!かしこく!」をコンセプトに、マニア発「今使えるトレンド情報」をお届け中!話題のショップからグルメ・家事・マネー・ファッション・エンタメまで、くらし全方位を網羅。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ