土井善晴先生のおすすめレシピ「キャビネットケーキ」作ってみた

  • 2024年04月08日公開

こんにちは。ヨムーノライターの臼井愛美です。 フードコーディネーター、WEBライターをしています。37歳で子供は3人おります。

土井善晴先生が子どもの頃お母さんに作ってもらった、思い出のおやつをNHK「きょうの料理」(2018年2月8日放送)で紹介していました。

食パンを使った温かいケーキということで、あまり聞かないレシピなので気になり作ってみました!

土井善晴先生の「キャビネットケーキ」

キャビネットケーキとは、イギリスの伝統菓子でパンやスポンジ、ビスケットを卵液と合わせて蒸したものです。

材料(口径8×底辺5×深さ5cm、容量160mlの耐熱カップ6個分)

・食パン(8枚切り)...2枚
・卵...3個
・砂糖...50g
・牛乳...1と1/2カップ
・みかんの缶詰...1缶(内容量300g シロップ煮170g)
・バニラエッセンス...少々
・レーズン...大さじ2
・サラダ油...少々

ソースの材料

・みかんの缶汁...約カップ3/5(水と合わせて1カップ) 
・砂糖...大さじ1

※みかんの缶詰は、みかんと缶汁と分ける。

【A】

・片栗粉...大さじ1
・水...大さじ1

キャビネットケーキの作り方

作り方①卵液を作る

ボウルに卵、砂糖、牛乳、バニラエッセンスを入れて、泡立て器でよく混ぜます。

作り方②食パンをトーストする

食パンをトーストして、耳を切り落として各9等分に切ります。
ここがポイントでトーストすると水分が抜けて香ばしくなるそうです。

作り方③型にレーズンとみかん、食パンを入れる

キッチンペーパーにサラダ油を含ませて、型に薄く塗りましょう。
型にレーズンとみかん、食パンを等分に入れます。
※私が使った型はレシピのものより小さいです。

作り方④卵液を注ぐ

③に卵液を注ぎます。

作り方⑤蒸す

④を蒸します。蒸し器や蒸籠がない場合は、フライパン(直径28cm)に布巾を敷いて④をのせて、熱湯3カップ(分量外)を注ぎましょう。

蓋をして弱目の中火で約15分間蒸し、ケーキ全体がふくらみ、串を刺して卵液がついてこなければOK!!

取り出して粗熱を取り、型から取り出します。取り出しにくい場合は、串を内側に差し込みぐるっと1周すると取り出しやすいです。

作り方⑥ソースを作る

小鍋にみかんの缶汁と水を合わせたものと砂糖、溶いた【A】を加えて混ぜます。

弱火にかけてとろみが出るまで煮たら、ソースの完成!

⑤の蒸したケーキを器に盛り、ソースをかけましょう。

ほっこり優しいケーキ

優しい甘さでほっこり美味しいケーキです。ぷるぷる食感もたまりません。

型から外すのが難しいので、ココットやマグカップで作ってスプーンですくって食べるのもいいと思います。

朝食にもぴったり

おやつだけでなく朝食にも良さそうです。さらにレーズンじゃなくてチョコチップにしたりとアレンジしても美味しそうなので今度作ってみようと思います。

この記事を書いた人
フードコーディネーター、元アパレル店員、パン教室主宰、ライター
臼井愛美

主婦歴20年目年36歳です。大2、高2、中2の3人の子供がいます。フードコーディネーター、料理教室主宰、WEBライター、SNS運用代行などマルチワーカーです。アパレル販売員歴5年でファッションも大好きです。ライフスタイルブック【ごきげんな主婦でいるための56のアイデア】(KADOKAWA)が絶賛発売中です。

こちらもどうぞ

人気記事ランキング 24時間PV集計
献立

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ