ヒルナンデスで「もう毎日これでいい!」と絶賛された!【アコメヤ】「ご飯のお供」がスゴイ!口の中で旨味爆発!

  • 2024年06月21日公開

こんにちは、話題のものには目がないヨムーノライターのかもです。

待ちに待った新米の季節がやってきました。せっかくならより美味しく白米を食べたいところ。

王道なご飯のお供といえば"ふりかけ"ですが、最近大きな話題になっている商品をご存知でしょうか?

この記事では「ヒルナンデス!(10月26日放映)」など様々な番組で引っ張りだこの "スゴイふりかけ"をご紹介します。

AKOMEYA TOKYOの「まぜ×かけ のどぐろ」が話題

「一杯の炊き立てのごはんから広がるおいしい輪」をコンセプトに、日本食を中心とした商品を販売しているAKOMEYA TOKYO。お米との相性を考えた商品展開のため、ご飯のお供が充実しています。

その中でも特に注目を集めているふりかけが「まぜ×かけ のどぐろ」。
店舗に探しに行ったところ、「テレビで紹介されました」というポップと共に一番目立つところに陳列されていたのですぐに見つかりました。

名前のとおりご飯に混ぜてもかけても美味しいソフトふりかけシリーズです。私が選んだのは、ヒルナンデスの出演者たちに"もう毎日これでいい!みんなが絶対好き!"と高評価だったのどぐろ味。

465円(税込)とお手頃価格で大容量なのに、高級魚として有名なのどぐろの粉末が入っているんです。食卓にはなかなか上がらない食材なので、どんな味なのか期待が膨らみます。

袋から出してみると、ひじきがたっぷり。
このひじきは職人さんが食感が失われないように熟練した技術で丁寧に作っていて、味付けの調味液も企業秘密だそう。
袋からパラパラ出すだけで、プロこだわりの味が楽しめます。

王道の組み合わせ!まずは炊き立てご飯にかけて

ホカホカの白米にたっぷりかけて、いただきます。
温かいご飯にのせると磯の香りがふわっと感じられます。口に入れて舌に触れた瞬間、旨味がブワーッ。これがのどぐろの威力か!と驚くほどのパンチでした。

のどぐろ粉末に加えてとろろ昆布やあおさも入っているので、海の恵みが重なって押し寄せてくるようです。

ひじきを噛みしめた時の甘じょっぱさもかなり印象的。ベースは子どもからお年寄りまで大好きな醤油味です。

ひじきの柔らかさとしっかりした甘みのある味付けは、ふりかけというより煮物や佃煮を連想させました。これはご飯が進まないはずがない!

おにぎりに最適!冷めても美味しい混ぜご飯

あったかいご飯にかけたら、次は混ぜてみましょう。
ふりかけのシャリッ、カリッとした食感が無くなって、ひじきの柔らかさが際立ちます。

飽きのこない味付けですが、口当たりが変わるとまた違った楽しみ方ができるのはうれしいですね。かけるよりも混ぜると薄味に感じたので、少し多めに入れるのがおすすめです。

混ぜておにぎりにすれば、それだけでちょっと豪華な即席和風朝食の出来上がり!余裕がある時は、お茶とお漬物を添えると更に雰囲気が出ます。朝が得意ではない筆者の定番朝ご飯になりそうです。

これひとつで卵焼きのバリエーションが増える!

ご飯はもちろんですが、ここからはぜひ試してほしいアレンジレシピをご紹介します。

といっても、溶き卵にたっぷりの「まぜ×かけ のどぐろ」を入れるだけ。味付けはこれだけなのに、塩味・甘み・旨味のバランスが取れたやさしいお味がします。

冷めてからの方ががしっとりしてお出汁を感じやすいので、焼けたら少し置いておきましょう。

黄色の生地にひじきが散った様子が美しくて、お弁当の彩りにもぴったり。この甘じょっぱさは卵とも相性がよいので、甘い卵焼き派にもだし巻き卵派にもお勧めしたい一品です。

「まぜ×かけ のどぐろ」で手軽に高級魚の旨味を取り入れよう!

お気に入りのご飯のお供が見つかると、食事の時間がもっと楽しくなるはず。

毎日の食卓にグッと旨みが加わる優秀な商品をキッチンの一員に加えてはいかがでしょうか。気になった方はAKOMEYA TOKYOでぜひチェックしてみてください。

この記事を書いた人
くらしをもっと楽しく!かしこく!
ヨムーノ 編集部

「くらしをもっと楽しく!かしこく!」をコンセプトに、マニア発「今使えるトレンド情報」をお届け中!話題のショップからグルメ・家事・マネー・ファッション・エンタメまで、くらし全方位を網羅。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ